デジタル/ストレンゲージアンプのご紹介

アンプ(圧力・荷重)モジュールVPJ type Amplifier Module(for Pressure/Load)

VPJseries

VPJ

4種類のアナログ出力から選択が可能[4〜20mA・1〜5V・0〜5V・0〜10V]
電源ラインと入出力ラインは絶縁しており、耐ノイズ性を強化
取付はベースプレートまたはDINレールアダプタの選択が可能

組み合わせ可能センサ 圧力センサおよびロードセルの全機種と組み合わせが可能
センサ仕様 圧力センサ、ロードセルのページをご参照ください
アンプとセンサの校正 VPMCアンプと圧力センサまたはロードセルとは一対校正されています
アンプとセンサは同一シリアルNo.で校正されています

仕様

精度
Accuracy
組み合わせる圧力センサまたはロードセルの個別ページをご覧ください
アナログ出力応答性
OutPut Response
lmsec以下 (センサ特性含まず)
直線性
Linearity
±0.1%F.S. (センサ特性含まず)
温度係数
Temperature Coefficient
±0.02%F.S./℃ (センサ特性含まず)
使用温度範囲
Range of Use Temperature
0〜50℃
使用湿度範囲
Range of Use Humidity
35〜85%RH (結露不可)
外形寸法
External Size
ベースプレート型:115(W)×35(H)×50(D)
DINレール型:95(W)×40(H)×50(D)
質量
Mass
約190g
付属品
Accessories
取扱説明書1部(和文または英文をご指定ください)
試験成績書1部

型式の選択

型式の選択

圧力センサまたはロードセルの選択

圧力センサの仕様・型式はこちらロードセルの仕様・型式はこちらをご参照いただき、型式をご指定ください。
[例] VJ-A2-(50MPa)N-4/VPRT-50MP(圧力センサ)

型式選択
Selection
チェック
Check
型式
Model
仕様
Specification
1.基本型式
Model
VPJ アンプモジュール
2.アナログ出力
Output
- - 出力種類 応答周波数 許容負荷抵抗 消費電流
  A2 1〜5V 1kHz この値はセンサブリッジ抵抗350Ωでのステップ応答 0〜100%立ち上がり時間(T)の測定値から応答周波数=1/2T(Hz)として算出した値です
使用するセンサにより応答周波数が決定されますので応答性を重要視される場合はご相談ください
5kΩ以上 60mA以下、
約120mA
(DC12V時)(※1)
  A3 4〜20mA DC24V:500Ω以下
DC12V:500Ω以下
70mA以下、
約140mA
(DC12V時)(※1)
  A4 0〜5V 5kΩ以上 60mA以下、
約120mA
(DC12V時)(※1)
  A5 0〜10V
3.荷重種別
Load type

※ロードセルと
組み合わせ時のみ指定
  無記入 圧力センサと組み合わせる場合、型式のご指定は必要ありません
  PS 圧縮
  PL 引張
  PSL 引張圧縮
※引張圧縮でご使用の場合には表示レンジに±記号をご記入ください
4.圧力レンジ・
荷重レンジ
Pressure Range/
Load Range
    圧力レンジまたは荷重レンジを記入
圧力センサまたはロードセルの個別ページをご参照ください
※引張圧縮または連成圧力でご使用の場合には表示に±記号をつけてお書きください
5.ケーブル接続形状
Cable Connection
  N 組み合わせる圧力センサ側のコネクタ形状をご記入ください 圧力センサ選択時:標準コネクタ
  W 圧力センサ選択時:防水コネクタ
  S 圧力センサ選択時:ケーブル直出し
  無記入 ロードセル選択時
6.電源[消費電力]
Power [Power Consumption]
  4 DC24V±10%
  5 DC12V±10%
7.取付仕様
Installation Spec
  無記入 ベースプレート
  D DINレールアダプタ
  • (※1) 立ち上がり時には定常時の約3倍の消費電流が流れます。電源容量は余裕を持った設計をお願いします。

外形寸法はこちら


.