ロードセルシリーズのご紹介

VRTNC3専用モジュールModule Unit for VRTNC3

VRTN/M2LBseries 【受注生産品】

1t〜33ton
VRTN/M2LB
弊社アンプと組み合わせてご指定下さい>>一覧

VRTNC3専用モジュール
ステイロッドによる振れ止め機構
特に優れた耐環境性
浮き上がり防止機構
ステンレス製(22tまで)

※写真内のロードセルはダミーです
※ロードセルは付属されません

仕様

許容過負荷
Safe Overload Rating
150%R.C.
ステイロッド軸方向許容横荷重
Max.Permissible Loading of the Horizontal Stops Trans-verse to Stay Rod Axis
10%R.C.
1mm横変位したときの復元力
(加えた荷重の%)
Restoring Force, for 1mm Side Offset of Applied Load
16.5%R.C.(1〜4.7t)
13%R.C.(10〜22t)
8.2%R.C.(33t)
ステイロッド軸方向の最大許容横変位量
Max.Permissible Side Offset Transverse to Stay Rod Axis
1.5mm(1〜2.2t), 1.3mm(4.7t)
2mm(10〜22t)
3.5mm(33t)
最大許容浮力
Max.Permissible Lifting Force
20kN(1〜4.7t)
50kN(10〜33t)
ステイロッド軸方向の最大許容横応力
Maximum Permissible Horizontal Force in Direction of the Stay Rod
10kN(1〜4.7t)
30kN(10〜22t)
50kN(33t)
ロードセル設置時に必要な
最低持ち上げ高さ
Minimum Lifting Height to Install the Load Cell
10mm
高さ調整範囲
Height Adjustment
(Spcer Plates in Scope of Delivery)
5mm
  • ※R.C.(Rated Capacity)とは定格容量を表します。

型式の選択

選択
Selec-tion
型式
Model
定格容量
Rated Capacity (R.C.)
A B C D E F G H I J K 質量
Mass
  VRTN/M2LBR4.7T
(1, 2.2, 4.7t用)
1ton(9.807kN) - 230 100 100 20 111+4-1 160 100 8 25 15 約9.5kg
  2.2ton(21.57kN)
  4.7ton(46.09kN)
  VRTN/M2LBR22T
(10, 15, 22t用)
10ton(98.07kN) 148 310 130 140 20 151+4-1 200 140 10 25 18 約20kg
  15ton(147.1kN)
  22ton(215.7kN)
  VRTN/M2LB33T
(33t用)
33ton(323.6kN) 188 420 155 200 26 193+4-1 280 200 12 35 22 約41kg
  • ※ケーブル込みの質量です。
  • 本製品はVRTNC3ロードセル専用のモジュールです。

外形寸法(単位:mm)

外形寸法
.